2006年02月22日

群馬国体へ行ってきました!

20、21日と1泊2日の強行日程で群馬国体の開催地、片品村は尾瀬岩倉スキー場へ行ってきました。

往路は9時間という時間をかけて現地へ到着。途中通った新潟の小千谷、長岡あたりの高速の雪壁はものすごかったです。

18時くらいに宿に到着。「プチホテル たいむ」というところへ泊まりました。料理も風呂も寝室もよく、いい宿だったと思います。

そして21日、スキー場へ着いてからビデオのテープが入っていないというハプニングに見舞われ、下のコンビニまで買いに戻るというはめにあいながらも何とかスタートには間に合って会場へ到着。別口で応援に来ていた知人と一緒にゴール付近へ。

最初は成年女子A。結果からいいますと1位は武田千夏(北海道東海大)そして2位にわれらが秋田県滝下樹里さん〜!(パチパチ〜)怪我が完治していないはずなのにさすがです。

他にも秋田県は4位、10位、17位と好成績を連発!これは来年の地元国体に向けて弾みがつきましたね。

そしてわれらが畠山尚樹さん出場の成年男子C!今回のコースはガンガン縦にまっすぐ入っていったもん勝ちなセットだったし、コースもあんまり荒れてはいなかったので、ガンガン攻めてきてくださいとエールを送り、いざコース途中のビデオポジションへ。

見ていると、ん〜、やっぱり成年Cでも速い人は速いな〜って感じです。あんまり負ける気はしませんでしたけどね。

そして尚樹さん、上を見ていたなりではちょっと巻きすぎかなって感じはありましたがまずまず、でもこの頃になると下の急斜面の中間辺りからガスがかかっており、多分ポールがかなり見えにくかったと思います。そして仮発表、「1分14秒・・・」ん〜、タイム的にはもう一歩欲しかったな〜って感じですが、ご本人どうでしょうか?多分満足はしていないと思いますが^^;でも順位的には21位と秋田県の中では1番でしたね。ご苦労様でした。

やっぱりこういうアツい戦いを見ていると出たくて出たくて仕方がありませんね!昨年はオフトレをサボり気味だったので、もう一度気を取り直して大学生を軽くやっつけてやりたいと思います。もちろん狙うは1番通過!

で、午後からの開始となる成年女子Bは時間的に見ることができなかったので帰路へつきます。そこでただ帰るのは面白くないので違う道を通ろうということでいざ日光へ!

行ったこと無かったから行ってみたかったんですよね♪途中足尾銅山も目にしてきました。

そして日光東照宮を入口まで見て(参拝受付が閉まってた・・・−−;)高速へ。仙台手前まで来て時計を見てみるとまだ19時前・・・。よし、姉様へよって行こう!ということになり姉の家へ行って甥の成長を見て、帰って来ました。ん〜大きくなったね!

家に着くと0時ちょっとすぎ、快調に飛ばしてきたので思ったよりも早くついたのでよかったです。

来年の国体へ向けてかなり良いモチベーションアップになったと思います。来年は今年の雪辱を果たしたいと思います。

でも群馬は遠かったです。あ〜疲れた・・・。
posted by K at 21:51| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | スキー関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日刊 千夏
Excerpt:
Weblog: 日刊 千夏
Tracked: 2006-02-23 11:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。