2007年01月29日

全豪オープンテニス男子決勝

スポーツはやるのも好きですが見るのも好きでございます。

そんな中テニスは見ると熱い!

昨日の男子決勝をまじまじと見させてもらいました。

おとといのの女子決勝を見逃したので是非見たいところであったので。

女子はS.ウィリアムズが復活の完全勝利だったようですね〜。準決勝を見た限りではちょっとシャラポアにはきついかなぁーと思ってましたが。


そして今日の男子決勝。R.フェデラーvsF.ゴンザレス

今大会のフェデラーははっきり言って強い。ショットの正確性、パワー安定性、俊敏性。どれをとっても今までより良いかのように見えました。

特に準決勝でのロディックとの戦いはロディックの今回の調子では勝つんじゃないか?と思われましたが、抜群のショットで完膚なきまでに叩きのめしました。



そんで今日の決勝、フェデラー優勢だろうと見ていましたが・・・。まぁ終わって見ればそのとおりになりましたね。

第一セット、さすがはフェデラーをも苦しめる強豪を倒してきたゴンザレス、互角といえる戦いを見せました。が、タイブレークにてフェデラーが先取します。

このタイブレークで見えてきたのがショットのコントロール。ゴンザレスはパワーあふれるショットでフェデラーに打ち込みますが若干甘いコースに行くことがあります。それに対してフェデラーはいとも簡単にコースへコースへと打ってきます。結局タイブレークは7-2だったかな?細かいところで差が付いたような気がしました。

そして第2セット。このセットあたりからですね、フェデラーが本領を発揮してきたのは。無駄の無い動き、軽く打っているようなしなやかなショットでもゴンザレスのパワーショットに負けないようなショットをバンバン打ち込みます。もちろんパワーだけでなく、丁寧なコースをつくショットも冴え渡ります。第7ゲームにフェデラーがブレイクしこのセットもフェデラーが6-4で取ります。

最終セット、ゴンザレスに疲れが見え始めますがフェデラーには余裕すら感じられます。しかしゴンザレスもパワープレイでフェデラーに引けを取りません。が、ここでもフェデラーは隙を見せずまたしても第7ゲームにブレイクし6-4でこのセットも取って見事、グランドスラム10勝目を手にしました!

はっきり言ってゴンザレスも強かった。ここ一番でのフォアの逆クロスは強烈だったし、いい試合をしたと思います。

がしかし、それを全てにおいて上回ったフェデラーの完全勝利と言ったところでしょうか。


解説者も言っていましたが、今まででも最強といえるプレーヤーではないかと。サーブもいい、左右に振られても追いつく、ネットプレーも上手い。見ていてもあれを返すのか!!という場面が多々あります。解説者は面を作るのが半端じゃなく上手い。といってました。ただラケットの面で当ただけでいい球を返してしまうのだから、凄いとしか言いようがありません。

今大会連覇はA.アガシ以来2人目。何より凄いのは大会中1セットも落とさなかったこと!コレも2人目になります。

現在グランドスラム10勝目、現在過去最高はP.サンプラスが持つ14勝。フェデラーは現在25歳、まだまだ記録を伸ばしてくれそうで楽しみです。
posted by K at 12:35| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。