2007年02月01日

ワールドカップSL第7戦

久しぶりにLiveでワールドカップを見ました。SL第7戦シュラドミング。

ライヒ安定感抜群でしたね〜。さすがといったところです。

そして2位になったビクマルク、kitz二戦連勝の滑りを見てかなり衝撃を受けたので、すごく楽しみにしていました。あれぐらいアグレッシブにいってもきっちり完走するするし、すごいとしかいえません。

勢いもたしかにあるのかもしれませんが、滑りを見ているとやっぱり速い滑りをしてますもんね。

一見暴れてるような大きな動きに見えますが、上体がブレたりしているわけでもないし、自然な動きなんだと思います。

見ていて感じるのは板が下を向いている時間が長いということ。下に向いている分速いはずですからね。何であんなふうに滑れるかはうまく表現できませんww

なにはともあれ、皆さんすでに注目していると思いますが、残りのレースも目が離せませんねb
posted by K at 18:20| 秋田 ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。